U-13年代キーパーについて

GKコーチの政浦です。前回の自己紹介から久しぶりの更新となります。

さて、各地区でリーグ戦が始まりましたが、ビークス石川のオフシーズンのGKトレーニングは、キャッチングやセービングなど基礎技術の向上をメインにトレーニングしてきました。ゴールデンエイジに近いU-13カテゴリであること、選手としての資質が素晴らしいこと、また、課題に向き合う姿勢がまじめだったこともあり、トレーニングすればするほど上達しました。「継続は力なり」ですね。

ジュニアからジュニアユースに上がったことによるピッチサイズ・ゴールサイズの変化に苦労していますが、U-13カテゴリーではこれが年間課題の1つになるのかなと感じています(ゴールポストやクロスバーに届かないといったフィジカル的な要素ではなく、守備範囲の拡大によるポジショニング・ブレイクアウェイの意識、DFと連携したシュートストップ)。

また、3年間を通じて「GKは試合中に何をしなければならないのか?」をテーマにトレーニングしています。シュートストップだけがGKの仕事ではありません。トレーニングマッチやリーグ戦で様々なGKを見ていると感じるのですが、この年代はこの意識が低いような気がします。U-13カテゴリーから意識してトレーニングさせることで、危機察知能力や観察力がつけば、この先のカテゴリーでも通用すると考えています。

GKコーチがいるチームが少ないと思いますが、意識付けするだけでも失点率が下がると思うので、一度試されてはどうでしょう?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *