クラブユース新人戦を終えて

こんにちは、瀬川です。
前回の投稿からかなり時間が経ってしまいましたが・・・
ビークス石川S.C.は変わらず元気に活動しております!

先日、ジュニアユースチームはクラブユース新人戦に出場しました。
結果は、1勝2敗で予選敗退。
約1年半の活動で成長した選手達になんとしても勝たせてあげたかったのですが・・・
初めてのクラブユース公式戦ということもあり、選手以上に私が気負いすぎました。
勝利を追い求めるあまり、選手達の良さを出すことよりも相手のストロングポイントを消すことに焦点を当てすぎた結果、全く自分たちのサッカーができませんでした。
今更ながらなんでこんな采配をしたのだろうと思う部分はありますが、全ては結果論。
私の能力不足です。
すごく後悔していますし、選手達に対して申し訳ないと感じております。
ただ、過去を嘆いても仕方ないのでこの経験を忘れることなく、今後の指導に活かしていきます。
改めてこのチームの拘りは何なのか、どんな選手を育成し、どんなサッカーを表現してもらいたいのかを思い出させられる機会となったので、もう一度スタッフ一同共通認識を持ち、活動していきたいと思います。

「監督の喜びは産業人のそれだはなく、職人のそれでなくてはならない。我々はスポーツマンの育成と教育の職人である。監督は目標を成し遂げたかどうかではなく、選手の成長に喜びを見出すべきだ。幸せは勝利ではなくプロセスにある。それこそ我々を満足させる。選手の成長が最大の喜びであり、2番目の喜びが彼らによる勝利である」
フリオ・ベラスコ(アルゼンチン人バレーボール監督)

来年のクラブユース選手権では、選手達の成長した姿を見られるよう、そしてたくさんの笑顔が見られるように日々の取り組みを大切にしていきたいと思います。

IMG_3994

瀬川

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *