バルドラール浦安 荒牧太郎選手クリニック1日目レポート

1月23日(土)、1月24日(日)に当クラブテクニカルアドバイザーを務める荒牧太郎選手によるフットサルクリニックが開催されました。

1月23日(土) ハクサンフットサルセンター

 

クリニック集合①

 

テーマは「ボールを保持するためのサポート位置と効果的な技術の使い方」

荒牧選手がクリニック中に伝えていた印象的な言葉として、「そんなスピード上げたらミスが多くなるよ!もっとゆっくりプレーしなよ!」という言葉と、「みんなの技術があればもっと効果的なプレーができるはず!」ということ。

誰もが優れたドリブルが出来るわけではないし、派手なテクニックがあるわけでもない。でも、できなくても効果的なプレーはできるし、良い選手にもなれる。

そのためのポジショニングやボールの動かし方をクリニックでは丁寧にわかりやすく指導してくれました。

荒牧選手は「知っているうえであえてそのプレーを選択しないのはOK。だけど知らないのはもったいなくない?」と言っていましたが、プレーがうまくいかない人の多くはまだ「知らないからできない」という状態だと思います。

きっとまだまだ上達するための方法はたくさんあるはず。

でも知ろうとするかしないかはその人の意欲、向上心次第。

まずは知ろうとすること。失敗を恐れずにチャレンジすること。

改めてその大切さに気付かされました。

小学生、高校生、大人、エンジョイ、競技志向等カテゴリー関係なく、楽しみながらも学びのあるとても有意義な時間になったと思います。

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*